自律神経とは

自律神経は、交感神経と副交感神経という2つの神経から成り立ちます。

無意識で行われている、呼吸・循環・消化・生殖・排泄、体温調節などの生命活動を担当する神経です。

交感神経と副交感神経が、バランスを取りながら身体の状態を調節しています。

自律神経失調症とは?

自律神経失調症とは、ストレスなどが原因で、自律神経である交感神経と副交感神経のバランスが崩れて出る様々な症状です。

ストレスというと、精神的なことばかりフォーカスされがちですが、不規則な生活、環境や気圧の変化、ホルモンバランスの乱れによるもの、長時間の仕事の体勢による肉体的ストレスもあります。

病院の検査では問題なく、でも辛い、理由のわからない症状が、実は自律神経失調症から来る可能性も少なくありません。

交感神経は、いわゆる「スイッチON、戦闘モード」素早く動けたり、思考できたり、体を活発に動かせるようにします。仕事中、運動時などは、交感神経が活発に働いています。

副交感神経は、「スイッチOFF、お休みモード」内臓が消化活動をして栄養を吸収し、体を休ませたり、回復させるようにします。休息中、食事中、睡眠中などは副交感神経が活発に働いています。

自律神経が乱れるとは、そのスイッチのON,OFFの切り替えがうまくいかなくなることを言います。

自律神経が乱れて起こる不調って?

自律神経が乱れることで、体と精神に不調が出ると言われています。

体では、めまい、動悸、息切れ、頭痛、不眠、慢性的な疲労感、だるさ、偏頭痛、手足の痛み、喉の不快感、のぼせ、立ちくらみ、下痢や便秘、冷え、頻尿、最近では、朝起きられない起立性調節障害や、過敏性腸症候群(IBS)、パニック障害などがあります。

精神では、イライラ、やる気がでない、不安感、気分の落ち込み、食欲不振、以前の自分とは違う気がする、精神不安定があります。

るる鍼灸院は、上記の症状に対応しています。

自律神経・冷え性ページへ更年期・生理痛・PMSページへ

自律神経の乱れチェックシート

はっきりとした病気がないのに、体調不良が続く場合、自律神経失調症の可能性があります。

今まであなたが感じていた体や心の不調は、実は自律神経の乱れからきているかもしれません。

「もしかして自律神経が乱れているのかも?」と気になっている方は、ぜひご自身に当てはまるものがないかチェックして、その数を数えてみましょう。

  • 朝、すっきり起きられない。やる気がでない。
  • 夜、何度も起きる。起きて寝付けなくなったりする
  • 常にだるい、疲れやすい、なんだか体調がスッキリしない
  • 急に不安になったり、イライラしたり、感情のコントロールが難しい。
  • 動悸、息切れ、めまいがある。
  • 手足が冷たくなったり、急に汗をかいたりする
  • 胃腸の調子が悪い。
  • 喉に異物感がある、食べ物を飲み込みづらい。
  • 呼吸が浅い
  • 頭痛、肩こり
  • 朝起きられず、午後になると動けるようになる。
  • 些細なことが気になったり、落ち込んでしまう

0~1つ 自律神経の心配はなさそうです。

2~5つ当てはまる方は、自律神経のバランスが乱れ気味なので、少し注意が必要です。睡眠・食事・運動など生活習慣を少し整えてみてください。

5つ以上当てはまる方は、「自律神経失調症」の可能性が高いです。まずは専門医に相談することをおすすめします。

病院の治療だけでは変化が少ない場合など、はり治療は、お役に立てます。病院の治療と併用できるのでどうぞお気軽にご利用ください。

自律神経と更年期は関係あるの?

自律神経と更年期は、とても深い関係があります。

ホルモンバランスを管理しているのが、脳にある「視床下部」です。

女性は、45歳を過ぎるころから「卵巣機能の衰え」により「視床下部」との連携がうまくいかなくなり、ホルモンバランスが乱れます。
この乱れによっておこるのが、更年期症状です。

「視床下部」は、自律神経もコントロールしているため、この混乱が自律神経にも伝わり様々な不調が起きてしまうのです。

生理が来ても大変、生理が終わるときも大変、終わってからも骨そしょう症が心配。女性ってほんと、ホルモンに振り回されていますね。

どうして、はり治療が自律神経の乱れにいいの?

多くの自律神経失調症の患者さんにみられる特徴として、「体の力が抜けない」「リラックスできない」「緊張しやすい」があります。

いわゆる交感神経のスイッチが切れなくなっている状態です。

体にはりをすると、皮膚や筋肉は緩みます。ゆるむというのは、副交感神経のスイッチがオンになる状態です。

はりをすることで、入りっぱなしになっている交感神経のスイッチを切り、副交感神経にきりかえることができます。

はり刺激が脊髄や脳に伝わり、乱れている自律神経に良い影響を与えることが動物実験でも立証されています。

病院で医師とはり治療の研究をしている時に
「西洋医学は、薬で内臓の働きを抑えて治療することはできるけど、内臓の働きを活発にする(食欲増進など)は苦手なんです。高齢者の食の細さや、抗がん剤の影響での食欲低下をサポートできるはり治療は、生活の質をあげることができますね。」と言われたのが、印象的でした。

現代医学的治療の場合

病院での、自律神経失調症や、更年期障害に対する対応は、薬物療法、抗うつ剤、ホルモン療法、カウンセリングなど、症状を抑えることが中心となります

自律神経のために自分でできること

・決まった時間に早起きして、おひさまの光を浴びること。
・ラジオ体操や、ウォーキングなどの軽い運動
・サウナや、入浴
・好きな音楽や、読書
・アロマ(柑橘系がおすすめです)

© 2022 るる鍼灸院 札幌市南区 Powered by AFFINGER5