スタッフ

須藤るる 1976年7月 札幌生まれ 2017年はり師・灸師免許取得 アロマセラピスト / ProbodyDesigner

(「はり師」「きゅう師」は国家資格です。国が認めた養成学校で医学と実技を3年間学び、国家試験に合格する必要があります)

ごあいさつ

初めまして、須藤るると申します。

「体調悪いけど、ここまではやらなきゃ。」「まだ動けるから大丈夫」と頑張って頑張って、限界越えして、不調になってしまった、昭和系がんばり女性の回復の砦、ドラクエの宿的な「るる鍼灸院」をしています。
女性が元気に自分らしく人生を楽しめるサポートをする場所でありたいと思っています。

【経歴】

2012年からアロマセラピストとして、「レインドロップ」というアロマトリートメントを主とするアロマサロン陽を経営。

2017年より「快気堂鍼灸院白石」で、副院長として、突発性難聴、顔面麻痺、冷え、婦人科疾患を専門に技術を磨き、延べ12、000件以上の臨床経験を積みました。

2018年より病院の鍼センターに、非常勤鍼灸師として勤務。医師と共に、はり治療の科学的研究に携わってきました。

私には、赤ちゃんの頃、小麦・卵・牛乳の食物アレルギーとアトピーだった高1長女、サッカー狂いの中1長男がいます。

鍼灸師になったきっかけは、娘です。
体をかゆがる娘のために、何かできることはないかと探してアロマテラピー、ツボにたどりつき、鍼灸師になりました。

わたし自身が、病院では改善しない動きたいのに動けない思いをしてきました。

・産後、とても疲れやすく、徒歩10分のスーパーに行くにも立ちくらみや動悸で3回は立ち止まり、帰宅後は2時間は動けない状態が5年。
・中耳炎をこじらせ、数か月左耳聞こえず。
・婦人科悪くないのに薬も効かず、痛みで吐くような生理痛、激しいイライラを伴うPMS
・お風呂でも寒い冷え性

「元気だったら、こどもたちに色々してあげられるのに」
「もっと体力があったら」と思ってきました。

それが整動鍼で、「家事や仕事をばりばりこなせるおかげで、子どもや家族に優しくできる。」
「自分の好きなことに使える余力がある。」
やっとそんな人生を手に入れました。

鍼灸院を開業したのは、病院や、他の鍼灸院では短時間だったり、カーテン越しに他の人がいたりと、なかなか患者さんとのお話しを大切にすることができなかったからです。

体はとても複雑で、色々つながっています。患者さんとのお話でヒントを得て、大きく症状が改善することもよくあります。

それに、日常と接点のない、しがらみのない第三者だから話せてスッキリすることってありませんか?

自分に合ったオーダーメイドの治療、たまってることを吐き出して、笑って、心身共に元気なれる場所をわたしがほしかったので、作りました。

ただ、万能ではないので、5回ほど治療して全く変化がない場合は、当院の技術では難しいとお話する場合もあります。他の施術で改善する方があるかもしれないので、正直にご提案します。

短時間で、パパっと治療してほしい方も、ご希望に添えないと思います。

ありがたいことに、良くなった後も、メンテナンスや別症状で来られる長いお付き合いの患者さんや、そのご紹介が多いのも当院の特徴です。

そのおかげで、腰痛、お子さんの頭痛や、五十肩、膝、肘など様々な方がいらしていますので、「わたしの症状、対応症状にないけど大丈夫かなぁ?」と思ったら、お気軽にご相談ください。

同じ頑張り系昭和女性として、そんな女性の背中を支えたい。共に走りたい。そんな「るる鍼灸院」、どうぞ、お気軽にお越しください。
お会いできることを楽しみにしております。

出身 札幌
趣味 多肉植物、読書、アロマ、手芸
特技 水泳、どこでもいつでも寝れる
苦手 大きな音、み〇ず
2022年の目標 1日1回でも筋トレ

TEL 080-4040-7727 (受付時間:水~日10:00~19:00)

© 2022 るる鍼灸院 札幌市南区 Powered by AFFINGER5